「小児かかりつけ医」について 

 

平成28年4月1日から、国の方針で「小児かかりつけ医」という新しい仕組みが始まりました。

3歳以下のお子さんで、保護者の方が一つの小児科医院を、そのお子さんの「かかりつけ医」に

選んでいただくというものです。

「かかりつけ医」は、お子さんの急な病気の診療や、慢性疾患の指導管理、発達段階に応じた

助言・指導を行い、健康相談に応じます。

予防接種の接種状況の確認や、接種の時期についての指導などを行います。